マレーシアLIFE

アストラゼネカ製ワクチン マレーシア1

こんにちは。マレーシア在住のウシです。私達は外国人にあたるので、マレーシア国民にワクチンが行き届いてから外国人かなぁ~なんて悠長に構えていたらワクチンを打てることになりました。アストラゼネカ製のワクチンです。

接種日は2021年5月中旬を予定しています。ワクチン接種の詳細は後日「アストラゼネカ製ワクチン マレーシア2」として書きたいと思います。

ワクチン接種をすると決めた覚悟とインドの状況を合わせて書いて行きたいと思います。

先着順アストラゼネカの接種予約

これは5月2日突然始まったアストラゼネカの接種予約案内でした。以下の条件です。

  • 18歳以上であること
  • ワクチン接種の登録を既にしてあること
  • クアラルンプールかセランゴール州に住んでいる事
  • 場所と日にちは1つしか選べません(複数の候補はあげられないと意味していると思います)

情報が来てから夫はすぐさま登録完了。そして私の分の予約も、私のスマホからしてくれました。マレーシアのコロナ対策アプリMySejahteraのワクチン接種登録が必須で、専用のサイトからパスポートや連絡先、日付をセレクトします。

この先着順アストラゼネカ予約は3時間で定員に達したと、次の日のNEWS記事で読みました。システム障害などもあったようで、私もうまく登録できたかなぁ~なんて心配していましたが…

次の日の午後には、MySejahteraに接種時間と接種場所の連絡がありました。

副作用の懸念

もちろん副作用の懸念はあります。個人情報を入れる前に必須で注意事項を読むように警告がありました。これに対して、インド人夫は親戚の医療関係者へ確認を取っています。一番懸念されているのが血栓症。リスクは少ないけど、やはり心配です。

副作用の懸念がありますが、ワクチンを打たないでコロナに感染してしまった場合の重症度と比較してワクチン接種を決めました。

この背景にはインド国内の医療崩壊、医療用酸素の不足、変型コロナの影響を十分に知っている夫の判断でした。インドでは本当に今、酷い地獄のような状態です。

2021年5月 インドの状況

2021年5月3日新規感染者数37万人。まだまだ天井が見えていません。3月中旬より爆発的に感染者数が増えました。これは移動制限令をやめて、少し移動範囲を緩くした頃だと夫は言ってます。

今は重症患者が多すぎて、病院に入院出来ない状態です。医療崩壊を起こしています。屋外で酸素吸引機を付けている患者もたくさんいます。何より医療用酸素が足りてない。酸素は危険物にあたるので、特別な工場、特別なタンクローリーで運ばなければなりません。酸素生産が追い付いてなく、生産しても地元の患者へ供給がいっぱいいっぱいで、都市部まで回ってこないとも言います。

病院に酸素が到着しても、やはり危険物扱いなので注意が必要です。酸素が漏れて、爆発を起こしてしまった病院が何件もあると聞きました。医療用酸素吸引機のチューブも足りていないので、酸素用ではない通常のチューブを使っていたようです。

インドでは、3月頃からワクチン接種は始まっていました。インドはワクチン製造大国なので、これまでにたくさんのワクチンを輸出しています。医療関係者の従兄弟、叔父叔母はワクチンが始まってすぐに接種済み。義両親も彼らより少し遅れた時期に接種済み。義両親がワクチンを打った頃は比較的感染者数も落ち着いてきた頃で、ワクチン接種会場は閑散としていたようです。

そんなインド製造大国のインドで爆発的に増えてしまったのか。これは夫の考えに基づくので、全般を指しているわけではないのでご理解ください。インド人はワクチンに対して副作用の懸念はあまりしていないようです。なのに、なぜ接種しなかったのか。

インド人の特性として少し自信家の所があり、「俺はコロナには感染しない」「俺は特別だから大丈夫だ」という思い込みがあったようです。打たなくても大丈夫感が満載だった模様。その心理的要因がワクチン接種を遅らせてしまい、その後爆発的な増加かつ重症度な状態に陥ってしまいました。

夫の会社のインド人同僚(駐在員)のお父様もインドでコロナにかかり、病院に入る事が出来ず先日亡くなってしまいました。コロナにかかってから2週間で様態が急変したようです。

今、インド-マレーシア間は人の移動が出来ず、インド人だろうが母国インドには帰る事ができません。亡くなったという連絡をもらった次の日、同僚は会社に来ませんでした。父親が危篤なのに、自分自身もインドに帰る事が出来ず、マレーシアでリモート状態だと情報収集がうまくできず病院も探せなかった。何も出来なかったという自責の念。心が痛みます。

この背景の上で

私達は、ワクチン接種を決めました。このインドの状況は、今やどこの国でも起こりうる状態です。打てるタイミングでどこの国のワクチンでも接種する。これが私達ウシファミリーが決めた決断になります。

5月中旬に実際のワクチン接種を予定しています。システムエラーで登録が出来てなかった!等のマレーシアあるあるは今回はやめて頂きたい。接種を切に希望します。接種の詳細はまたブログに書いて行ければと思います。

皆様もどうぞご自愛くださいませ。Stay Safe, Stay healtly

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。