私ウシのお話

休日のインド人ルーティーンとイイ嫁キャンペーン終了

こんにちは。ウシです。

インド人と結婚して驚いたシリーズ第3弾です。休日のルーティーンについてお話しします。これ毎週末やってます。

日本人妻からみて、この習慣は良い事だなぁと思いつつ、いい加減にして!と思う所であり…これにより私はイイ嫁キャンペーン終了した一環のひとつです。

これは日印夫婦の宿命なのか…他の国際カップルもそうなのか…知りたいところ。

では行きましょう。

9:30 AMマレーシア時間~

さて始まりました。

インドの両親へテレビ電話

インドはこの時、7:00AM。両親共に起きている時間です。ヒンドゥー語なので、会話は全部分かりませんが、今日は何するとか、U太郎が今遊んでるのを見せるとか、そんなことを話してます。30分以上話してるかな。

インドの叔父夫婦へテレビ電話

インド両親に引き続き、叔父夫婦へテレビ電話です。インドの情勢とかよく話してますね。会話がわかるのは、長年ヒンドゥー語の聞いてたので雰囲気と時折英語が混ざるので、その単語からなんとなく会話を読み取ってます。これも30分くらい。

ロサンゼルスの叔父夫婦へテレビ電話

マレーシア時間で朝、ロサンゼルスでは前日の夕方にあたります。

2019年にロサンゼルスで会ってから叔父夫婦はU太郎のファンになってくれたようで、電話の催促が凄いです。U太郎のことがメイン。これまた30分以上。

カナダの従兄弟家族へテレビ電話

まだ電話するの~。と私は思ってますが、インド人夫Pちゃんは従兄弟へ電話します。従兄弟夫婦にはU太郎より1歳上の娘がいます。次世代の親戚として絆を深めていきたいと思っているようです。実際にはマレーシアとカナダ、なかなか会えない分テレビ電話で交流をはかります。30分以上かな。

次は…

ここらへんで、ドバイの姉家族以外を残して親族へ電話終わったかと。(ドバイは早朝5時くらいにあたるので、マレーシアの朝に電話はかけづらいです。)

長い電話終わった~!!

思ったら今度はPちゃんの親友に電話し始めた!もうほんと、いい加減にしてほしい。もう一度いいますが、これ、毎週末の話ですからね

Pちゃんは私に「僕の親友に Hi! ていいなよ」って毎回言うけど、私、寝起きand部屋着and洗顔もまだなんですけど…

なんで1回くらいしか会ったことのない人にこんな姿、晒さないといけないのか…

このあと数人に電話して、全ての電話終了。

これが13億人いるインド人の1人のルーティーンです。笑

インドは電話大好きなので、メール打つより電話です。電話を嫌う日本人とは真逆。

イイ嫁キャンペーン終了

結婚当初はね、全て電話に付き合ってたんですよ。イイ嫁キャンペーンしてたから。

でも英語で話してくれないし、時折話を振ってくるんですが、会話の前後が分からないから突然の質問に答えられないし。

なにより、休日の朝、家事もたまってるのに拘束されるのがストレスで。段々と電話中に席を外すようになりました。

そしてある時、やはり夫Pちゃんから、なぜ電話中に隣にいないのかと言われました。最初は家事があるから…といって逃げきろうとしたら、家事は後でやればいいと。家族の時間は大事だと、家族ワードを盾にしてきたので…

反撃…

  • なぜ私がいるのに、英語で話さないのか。みんな私以上に話せます。(ロスの叔父夫婦だけは気を使って必ず英語で話してくれます)
  • 分からない会話になぜ付き合わないといけないのか。
  • これはインド人Pちゃんの習慣であって、私の習慣ではない。
  • 夫の習慣を尊重(リスペクト)するなら、妻の習慣(電話は毎週しない)も尊重されていいはずだ。

こうしてイイ嫁キャンペーンは終了しました。今は朝の挨拶の一瞬と私が時間に余裕がある時だけ、テレビ電話に参加しています。親戚も私が電話中に動き回っていても別に気にしてない様子。もっと早く自由にしてれば良かった。

国際カップル、良いことも多いけど、やはりこういう衝突もあります。全部を相手に合わせる必要はないし、自分の習慣を相手に受け入れて貰えないかもしれない。妥協点を見つけます。日々試行錯誤です。

日に日に強くなって行きます、インド人妻。笑

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。