マレーシアLIFE

Preschoolでコロナ陽性者 その時の対応

マレーシアに移住しているウシです。2021年5月12日よりまたもやマレーシア全国でロックダウンになってしまい、外出が出来なくなりました。13日から始まる大型連休(ハリラヤ:イスラム教の断食明けの祝日)をどうやって過ごそうか頭を悩ませています。子供の体力消耗の為何をしようかな…白目

今回のマレーシア全土のロックダウンも2日前にアナウンスでしたが、もう驚かなくなりました。教育関係は全て閉鎖といいつつPreschoolは開園していいという規則だったり。突然主要なショッピングモールを消毒の為に強制閉鎖されたり。

この数日、毎日SOP(情報)が変わるので、全然ついていけてません。日本だったら有り得ないけど、ここは海外のマレーシア。色々反論して体力を使うよりも、流されていった方がいいような気がしてきました。Preschoolが開園するならラッキー!閉鎖なら、その時になってから考えよう!くらいの気持ちでね。

さて、先週に息子U太郎が通うPreschoolでコロナ陽性者がでてしまいました。その時の対応を記録したいと思います。私達の行動は、1つの意見として読んでもらえたらと思います。自宅隔離が出来るようでしたら、学校側の指示を待ってから動いてもいいと思います。その時の状況次第で!

朝の登園→9:30 Pickup 要請

その朝は何事もなく、登園していった息子U太郎。私達両親も会社に出勤です。私は8:30から会議があったので会社についてからもバタバタしておりました。

会議中の9:30、突然夫からの電話がありました。「息子U太郎をPreschoolにピックアップに行けないか?」良く説明を聞くと、「生徒の一人に陽性反応があり、その件を今、学校側へ連絡があった。学校を今すぐに閉園するから迎えに来て欲しい」という事でした。

その時はまだ会議中だったので、「まず一旦、夫が学校へ迎えに行って欲しい。そして息子が濃厚接触者なのか確認して欲しい。出来る限り早く私も帰宅準備を進めるので、自宅で落ち合いましょう」と。

社内で情報収集

上記の事情を副社長に報告。PCR検査をしてきた方がいいと指示を受けました。

子持ちの同僚も、つい最近同じ状況になったので、対応のレクチャーをうけました。PCR検査が出来るクリニック、病院の情報を聞いてから帰宅。

PCR検査を受けるか受けないか

帰宅してから夫と相談です。夫は必要ないのではないかという意見。理由は以下。

  1. コロナ陽性の生徒は違う学年の子なので、息子は濃厚接触者ではない
  2. その生徒のクラスメイトと先生は、今後PCR検査を学校主体で実施する予定
  3. 学校全体ではPCR検査を実施する方針ではない
  4. 現状は全てがグレー(他の感染者がいるかもわからない状態)

私の考えは以下だから可能性が低くても実施したい。

  1. 登園時は学年関係なく、先生が受け入れ態勢に入っている→そこで先生とも接触している可能性アリ
  2. まだ3歳児なので色んな先生に抱きつく可能性が高い
  3. スクールが終わってからの15時以降の預かり保育に息子が参加しており、預かり保育は他の学年の子供も一緒になって遊ぶ
  4. コロナ陽性の生徒が預かり保育に参加していたか、という情報までは教えて貰えない
  5. 学校が一時的に閉園すると、来週からBackupにしている預け先へ行くことになる。そこにいる他の子供は陰性という結果がないと不安に思うでしょう

⑤番目の意見には特にインド人夫も納得してくれたようで、すぐさま本日PCR検査が出来るクリニックを探しました。

クリニックにてPCR検査

当日に出来るクリニックに向かいます。クリニックで少し待つと防護服を着たナースが実施してくれました。PCR検査はまず子供から。見たことない防護服きたナースに、ギャン泣きでした。ジタバタする息子U太郎を抑えつつ、息子U太郎の初のPCR検査を終えました。

その後大人2人も終えて、一人220RM(5800円くらい)をお会計。次の日の午後3時までには結果をくれるそうです。

次の日の結果

結果がきました。家族3人陰性でした。分かっていたけれど、やはりしてよかったと思います。

私達の陰性確認が分かってから半日後、学校側からも連絡がきました。同じクラスの生徒や先生も陰性でした。ただし、学校は3日間、消毒作業を行うので閉園しますとの事でした。

息子U太郎は、来週からBackupにしている預け先へ行く事が決定です。すぐに私達は陰性だった件と来週からお世話になる件を預け先に伝えました。

まとめ

これは私達、共働き夫婦が行った対応になります。自主隔離が出来るご家庭であれば、そちらの方がいいと思います。3歳半にPCR検査は、やはり怖かったようです。

とはいっても、陰性結果がでて安心出来たのは良かったです。近々、私達夫婦もアストラゼネカワクチンを接種予定で、体調万全で臨みたいのという心境もありました。

不安と安心、この波が大きくてストレスはありますが、とにかく乗り切らなければいけない。早く自由にお友達と会って外食出来る日常が戻るといいな。

それでは Selamat Hariraya Aidilfitri ★ 断食明け、おめでとう★

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。