マレーシアLIFE

インド人と国際結婚:夫婦同姓?

ご無沙汰しております。マレーシア在住のウシです。

年始から仕事でバタバタしており、気付いたら2月。旧正月に入ってしまいました。私の会社は90%中華系のスタッフなので、1週間特別休暇となっています。

ロックダウン中だったマレーシアも旧正月イブイブでショッピングモール、レストランでの飲食も開業OKとなりました。

とは言っても、あまり新規感染者数の減少が見られなかった今回のロックダウン。特別休暇中に一人時間がありますが、ショッピングモールへ行くもの自粛しようかなと思うところです…

さて、インド人と結婚して驚いたシリーズ第6弾です。結婚したら、夫婦同姓?夫婦別姓?というテーマで行きたいと思います。インドのユニークで伝統的なお話しとマレーシア、イタリアの話も。

インド人xインド人

まずはインド人夫xインド人妻で結婚した場合です。基本は妻が姓を夫の姓に変えます。

妻が夫へ嫁ぐという感覚です。30年前くらいの日本の感じでしょうか。それが当たり前でしょ!という感じ。

インド人の結婚観については以下を読んで頂けると、分かりやすいかと思います。

大都市に住むインド人の結婚西インドに位置する大都市ムンバイ。そこでのインド人の結婚についてインド人夫より聞いた話です。皆さんが耳にするインドとはちょっと違うかもしれません。...

名前も変更する?!

これはかなりユニークなのですが、インドの伝統的な風習です。名前(First Name)も新しい名前を付けます。

夫の両親はこの風習には従いませんでした。夫の姉はこの風習に従ってます。フルネームで別の名前となります。

分かりやすく日本人の名前で例をだしますね。(例は全国苗字ランキング上位2位と2020年女の子名前ランキング上位2位を掛け合わせてみました。)

  1. 結婚前)さとう ひまり ちゃん
  2. 鈴木さんと結婚
  3. 結婚時)すずき ひまり ちゃん
  4. インドの伝統で名前変更
  5. 結婚後正式名称)すずき つむぎ ちゃん

さとう ひまり→すずき つむぎ ちゃんになってしまうのです。もちろんパスポートや役所へ提出する資料などの公式書類はすずき つむぎと書かなければなりません。

インドでは結婚したら、新しい人生として歩むという意味があるので、その時に夫から妻へ新しい名前というギフトを与えられるようです。

といっても、夫Pちゃんも義両親も親戚たちも誰も、義姉の事を新しい名前では呼んでいないです。旧名前で呼んでいます。義姉の夫でさえ、旧名前で呼んでます。

なぜ義姉は名前を変えたかというと、義姉の夫のお母さんが伝統を重んじる方だったようで、風習に従ったと言ってました。

インド人x日本人

国際結婚をしている私達の場合です。私達は夫婦別性です。インド側も日本側でも外国人との結婚だと夫婦別姓でいいようです。

日本の戸籍上は私が世帯主で、夫と子供が入っているという形です。インド側は戸籍システムはないので、結婚書類には二つ分の苗字が入っていることになります。

中華系マレーシア人x中華系マレーシア人

私の住んでいるマレーシアでのお話しです。私の周りには中華系マレーシア人が多いので、色々お話しを聞けます。中華系マレーシア人x中華系マレーシア人は結婚しても夫婦別姓といってました。

英語のニックネームをつける中華系マレーシア人

中華系マレーシア人の多くは英語名のニックネームをつけます。例えば、Ericエリック、Sofiaソフィア、Johnジョンとか…理由は名前の中国語の発音が難しいという理由らしいです。

たしかに、日本語では発音しない名前もたくさんあります。中華系に多い姓:TANタンさん、これは簡単ですね。Ngさんはどうでしょうか?エヌジーさんではないですよ。ンさんとか、ゥンさんと呼びます。

名前にこういった発音が難しい方は英語名を付けるようです。この英語名、どうやってつけるか知ってますか?

  1. 親がニックネームをつける→保育園でもこの名前で呼びます。
  2. 自分でニックネームをつける

自由のようです。親が付けたニックネームがイヤな時は自分で変更できるようです。子供の頃から呼ばれると大体馴染んで、ずっと使う方が多い様です。このニックネームは正式書類には乗りません。(出生届の時に記載していたら、別ですが…)なので、病院や役所などでは中国語の正式名称でよばれます。

イタリア人xイタリア人

突然イタリア人のお話です。最近、イタリア人xインドネシア人家族と交流を深めています。彼らも自分の故郷ではないマレーシアという第3国に移住しています。同じ境遇なので、気持ちが通じるというか、とても気が合う人達です。

そのイタリア人から聞いたお話しです。イタリア人xイタリア人は妻側が夫側の姓に変えるらしいです。よくよく話を聞くと、今の70代のイタリア人は亭主関白っぽい?!

ヨーロッパって昔から男女平等精神が浸透しているイメージだったのですが、イタリアは違うようです。お友達の70代のお父さんは家事が一切出来ないらしい。男が外で働き、女が家を守る。このシステムが成り立っていたようです。

もちろん全員がこんな感じではないでしょう。特に若い世代は変わってきていると思いますが、男女平等とか共働きという概念はまだ歴史が浅いのだなと改めて感じるところでした。

子供の名前は受け継がれる

このカップルにも一人息子さんがいます。エリオ君です。どうやって名前を付けたか聞いてみました。

イタリア人パパのお父さんの名前を受け継いだといってました。つまりおじいちゃんと同じ名前。イタリア人パパはカリメロさんと言いますが、カリメロさんも自分のおじいちゃんと同じ名前。長男が名前を受け継ぐらしいです。

次男の時は…とか話していましたが、カリメロさんの英語を聞き取るのに疲れてしまってよく聞き取れませんでした。イタリアのアクセントの英語なので、まだ慣れてません。また追求できる機会があれば勉強したいと思います。

まとめ

いろんな国の話を聞けたので纏めてみました。インド人x日本人カップルで夫婦同姓を選ばれた人もいるかもしれません。

まだまだお友達に国際カップルの人が多いので、聞いてきたいと思います。

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。