私ウシのお話

マレーシア現地採用として働く

マレーシアで現地採用として働いて合計4年が経ちました。

(一度マレーシア国内で転職しており、前の会社1.5年&現在の会社2.5年です)

とうとう海外での職歴が、日本での職歴より長くなりました

ここからは海外で現地採用で働くメリット、デメリットをお話ししていきます。

あくまでも私の経験上のお話です。他の会社さんにより変わってくるかと思います。

デメリット

・給料が安い。

これに尽きるでしょう。

マレーシアで働く外国人最低給料は(RM5000、日本円で15万円弱くらい)でしょうか。2019年現在。

職歴や資格、英語のスキル等で、もっとお給料が高い人はいます。

ちなみにエンジニアはもう少し上乗せされます。

あまり英語ができず、初めてマレーシアで働く人はこの給与からスタートする方が多いかな。

・退職金が期待できない。

現地採用はいわゆる契約社員です。

就労ビザを取得の度に更新、という形になるかと思います。

前の会社を辞める時、短い勤務期間ではありましたが、すこしばかり退職金はでました。

(会社都合だったのも関係するのかもしれません)

・時短という制度がない

小さい子供がいながらフルタイムで働くローカルのママさんは多いです。

時短という制度はありません。職場復帰してからフルで働くのが現状です。

それが出来るのも、ご両親(祖父母)が近くに住んでいるのが大きいです。

勿論祖父母が近くに住んでいないご家庭もあります。

そういう場合はナーサリー(保育園)です。

通常保育園は朝7時半~夕方6時半まで預かってくれます。

メリット

・通勤が辛くない

日本(東京)にいる時は勤務地まで2時間弱かけて通っていました。

満員電車に揺られ、通勤で体力の半分を消耗していました。

それが今マレーシアでは車で25分。ずいぶん楽になりました。

・退社時間が気まずくない

これ、かなりのストレス軽減されます。

就業のベルがなると、みんなパソコンを閉じてサッっと帰ります。

就業時間が過ぎているので、当たり前の事なんですが

冷たい視線で見られることはないです。

・緊急の休みを取りやすい

ウシの子供はまだ小さいです。

ナーサリー(保育園)に通い始めの頃、毎月、熱を出して休んでいました。

共働き、私たちの両親も近くにいないので、私たち2人で乗り越えないといけません。

この場合 私たちは1日づつ交代で休む事にしています。

このような子供の病気等で、緊急の休みを取る事は多くありました。

お休みした次の日、申し訳ない気持ちで出社すると、

「Baby is OK ?」

こんな会話をよくしてくれます。

マレーシアでは「子供の病気なら、仕方ないね」で済みます。

まとめ

良いところも悪いところも、海外で働いてみて分かったことです。

日本人がマレーシア人の雇用を奪って働かせてもらっている!

ということは、忘れずにしたいと思います。

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。