旅行Fromマレーシア

子連れドバイ旅行3-Oli Oli-

ドバイ在住の義姉家族を訪ねているウシファミリーです。2歳半の息子U太郎を連れての旅行です。2020年2月の旅行ですので、ドバイは冬です。この日は日中半袖でもいい気候でした。

Oli Oli

ドバイの駐在妻さんのブログを拝見していて、行きたいなと思っていたOli Oli。義姉も数回行ったことがあり、絶対行った方がいいと太鼓判を押してくれました。

Oli Oli とはサイエンス要素を盛り込んだオシャレなプレイグランドです。

場所はOasis mallの横に位置しております。外観はちょっと工場っぽい。

金額

2時間ディラム
Adult (16歳以上) 42 AED≒¥1,300
Child (2-16歳)126 AED ≒¥3,800
Toddler (12-23months)63 AED ≒¥1,900

強気な金額設定です。今回はウシ、夫Pちゃん、U太郎2歳、甥っ子5歳の4人で行ったので1万円超えです。時間制限があって、上記の値段は2時間のみ。泣。今回義姉さんの奢りです。有難い!!!

さて建物の中は大きく分けて9つのセクションに分かれています。

  • Art Gallery
  • Dino Dig
  • Toshi’s Nets
  • Water
  • Dino Shadows
  • Dino Dents + Fossil Station
  • Future Park
  • Car & Ramp
  • Toddies

Art Gallery

風を使ったサイエンス要素があるセクションです。

風をうまく使って大砲を出してみたり、ボールを浮かせてみたり。うまく浮かせるために考えて、調整して、感じ取っていきます。

Toshi’s Nets

カラフルなネットの遊具があるセクション。室内にこんな巨大な遊び場があるとは!ドバイスケール、凄すぎです。

5歳の甥っ子は軽々と上まで登って行きます。2歳半のU太郎はネット上には登れなかったので廻りを走っているだけ…。それも楽しそう。

Dino Shadows

2階に上がると右手にDino Shadowsがあります。薄暗い室内です。

ここでは影絵(恐竜型)をしてみたり、恐竜おもちゃをプロジェクターで写すこともできます。2人とも恐竜同士で戦いごっこを始めてました。

Future Park

ココも暗いセクションです。光るボールが目に入ってきます。ボールを転がしたり、友達同士でボールをぶつけたり、甥っ子は汗だくになるまで遊びました。

U太郎は光るボールよりもお絵かきの方が好きのようです。

塗り絵をしてから、専用機械でスキャンすると自分の塗り絵がプロジェクター上に表れます。

Toddies

2歳以下限定だったかな。乳児が遊べるエリア。こんなところもありますよ。

Water

このセクション、入り口のすぐ近くにあるのですが、一番最後に遊ぶことをお勧めします。というのもここは名前の通り水で遊ぶセクション。

子供用のレインコートを貸し出してくれて、思いっきり水で遊べます。(大人用はないので、水にはきをつけてください)

軒下に立って、水が落ちてくるのを体験したり、洗車をしてみたり。

噴水にも色々仕掛けがあるので、カラーボールで遊んでみたり。

子供は大興奮なので、いつまでも離れられないセクションです。引き上げる頃には、レインコートを着ていましたが、全身びちゃびちゃ。靴も水でタプタプ。 着替えはもちろんの事、靴も予備を持ってきた方が良さそうです。

La Petite Tree house Cafe

小さいですが、カフェもあります。ピザ、サンドイッチ、バナナ、イチゴ、フルーツジュースなどの軽食がありました。金額もサンドイッチで1000円くらいする強気な金額設定。

まとめ

暑いドバイ、なかなか外では遊びにくい環境ながら、このOli Oliでは子供たちが思いっきり遊べる施設でした。そして日本並みに綺麗な環境を保たれていました。

ドバイキッズ達はこういう所でバースデーパーティーを開くようです。バースデーパーティープランがあり、一人AED130、日本円で4000円弱かかるよう。海外では誕生日の当事者が負担する事がおおいので、10人くらい呼ぶと… リッチなパーティーです。

とにかく靴下、着替え(上下、あれば靴も)を必ずご持参ください。

2歳半でも十分楽しめましたが、5歳に近づく年齢ですと、もっとできる事があるので楽しめるのではないかと思います。

ABOUT ME
ushi
インド人妻、男の子ママ、マレーシア移住7年目、現地採用で働いてるアラサーママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。