マレーシアLIFE

子連れペルヘンティアン島-Bubu Resort

ご無沙汰しております。マレーシアのクアラルンプール在住ウシです。

マレーシアの秘境と言われているペルヘンティアン島に初めて行ってきました。初めてということもあり、3D2N(2泊Night, 3日Day) のパッケージパックがあるBubu Resort というホテルを利用しています。

自分で色々と手配して行くよりも割高でしたが、初めての土地、子連れということもあり、かなり楽ちんで旅行ができました。最初に申しますが、Bubu Resortはお友達にオススメしたいほど、とても良かったです。

私達家族の旅行記になります。Bubu Resortは今後Bubuと訳していきますね。

ペルハンティアン島への行き方は

  1. Subang空港 → コタバル空港 の飛行機で移動。
  2. 車でKuala Besut Jetty 桟橋まで移動。
  3. スピードボートに乗ってペルハンティアン島へ移動。

このブログは1日目になります。

9:20 家出発

KL近郊の玄関口、スバン空港を利用しました。スバン空港までは我が家からタクシーで20分+国内線搭乗時間は30分前でOKです。

9:50発のコタバル行きのフライトに乗る私達が家を出発したのは9:20。自宅はスバンエリアにあるので、近いから大丈夫~のんびりしていたらこんな時間に。タクシーで15分のスバン空港へ向かいます。9:35にスバン空港へ到着したら、すでにFinal callで名前が呼ばれてました。

なんなんでしょうね、インド人夫。毎度、時間ギリギリを責める。私は冷や汗タラタラ…。

9:50 スバン空港出発

定刻出発。スバン空港からはプロペラ機でコタバル空港まで行きます。飛行機に乗るのに、屋外を歩きますが、エンジン音がゴーゴーとなってます。息子U太郎は耳を覆いながら搭乗。これも経験。

Fireflyを利用してます。Fireflyはリフレッシュメントとしてピーナッツ、クッキー、水をくれます。(私のおすすめはFirefly!私はペナンへ行くのにMalindoも利用しますが、こちらの航空会社はリフレッシュメントなしです。)

11:00 コタバル空港到着

1時間強でコタバル空港に到着。預け荷物はないので、飛行機から降りてすぐに到着ゲートへ。するとBubuのスタッフが名前が書いてあるWelcome ボードを持って待っていてくれました。

パッケージの1つとしてコタバル空港から桟橋への車移動も含まれます。

この時間帯は私達家族だけでしたので、すぐに10人乗りのバンへ案内してくれました。そして出発です。

Bubu Resort Package plan その1: コタバル空港での出迎え+車移動

12:00 Kuala Besut Jetty 桟橋に到着

1家に1頭の牛という、のどかな田舎の景色に揺られること60分。クアラ ベスット ジェティ―いう桟橋に到着です。桟橋の手前の建物にBubuオフィスがあります。

オフィスのカウンターで桟橋への受付をして、別途料金の島への入場料RM76を支払います。
手荷物にはBubuの名前札を付けてくれ、一時的に預かってくれます。

12:15 軽めのランチ

支払いが終ると「13時にBubuオフィスに再集合」とスタッフに言われました。さて時間的にはランチタイム!だけど45分しか時間がない!

Bubuオフィスの方々に近くのカフェを教えてもらいました。30mほどの歩くとカフェ Kafei By Kak Ha があります。 白い壁のオシャレカフェです。

ここではコーヒー、紅茶、サンドイッチ、big Breakfastと呼ばれるパン、ソーセージ、ビーンズ、エッグがついたプレートなどがあります。金額はKLと比べるとお手頃です。 以下が私達が頼んだもの。

  • Egg Mayo Croissan 8RM
  • Big Breakfast 12RM
  • Hot Latte 8RM
  • Ice Lemon tea 5RM
  • Chocolate Hot 9RM
  • French Fries 5RM

サクッと食べて13時にBubuオフィスへ戻りました。

12:20 桟橋でのショッピング

オーダーして食事が出てくる10分、この短い時間に桟橋に一度戻り、出店をチェック。防水のバッグやケース、水着、サンダル、浮き輪、砂場遊びのおもちゃなどウォーターアクティビティ用のアイテムが大抵そろいます。我が家は砂遊び用のバケツとシャベルセットを購入15RM。この砂遊びセットは後々、海辺で大活躍してくれたので買って良かったです!

13:00 スピードボートに乗り込む

13時になりましたので、Bubuのオフィスまで戻ります。すぐにBubuのスタッフが荷物を持ちながら桟橋まで案内してくれます。 桟橋でもBubuというと先にボートに乗り込ませてくれました。

ボートに乗ったら、セーフティベストを着用です。出来たら、ボートの後ろの奥まったところに座るのがベスト。強風で顔がカピカピになりますので、前方に座れば座るほど砂漠化…笑

スピードボードが出発すると本島から離れるほど、海の透明度があがってきました。スピードボートも揺れますが、船酔いするほどではなかったです。60分、スピードボートで移動です。

Bubu Resort Package plan その2: スピードボードの料金

14:00 ペルハンティアン島に到着

1時間スピードボートを走らせるとペルハンティアン島に到着です。Bubuは2つの島で成り立っているペルハンティアン島の小さい島(クチル)にあります。

スピードボートは大きい島から立ち寄り、次にに小さい島へ到着です。自分のホテル名を言うと、スピードボートのスタッフがどちらの島で降りるか案内してくれます。

9時に家を出発して、14時にホテルまで到着。所要時間5時間。マレーシアの秘境というだけありますね。

クチル島の降り場でも Bubuのスタッフが待っていてくれて、荷物を運んでくれました。桟橋からは2番目に近いホテルがBubuになります。(一番手前にあるのはMinpi というホテル) どちらも歩いて3分くらい。

写真真ん中の3階建てと手前の平屋がBubu。右側に屋根が移ってますが、これが桟橋。

Bubu Resort Package plan その3: 桟橋でのお出迎え、荷物運び

14:05 チェックイン

島のリゾートなので、ファンシーなロビーはありません。屋根だけあるロビーです。カウンターでパスポートを提示してチェックインです。この時に食事の時間帯や明日のアクティビティの説明を受けます。

チェックインをしている時にWelcome ドリンクをくれました。

Bubu Resort Package plan その4: Welcome ドリンク

14:30 遅めのランチ

Bubu パッケージには2食分の朝食、2食分のランチ、2食分のディナーが込み込みです。

15時からお部屋に入れるようなので、待っている間に遅めのランチを取ることにしました。ランチは前菜+メイン+飲み物から選ぶことができます。

すでにスピードボードに乗る前に軽くランチを済ませてしまった私達。夫はメインと飲み物をオーダー。私はお腹が空いていなかったのでレストランにお願いしてデザートから選ばせてもらいました。もちろん子供も大人同様に前菜+メイン+飲み物から選ぶことができます。子供はこの時飲み物だけオーダーしました。

このレストランはBubu リゾートの敷地内にあり、海を見ながら食事ができます。波の音を聞きながらゆっくりとランチ…とはいかず、息子は早速海辺で遊びたいと騒いでおりました。

食事のメニュー一覧は次回のブログにて載せていきたいと思います。

Bubu Resort Package plan その5: 食事が全て込み込み

15:20 お部屋入室

15時過ぎ、再度フロントに行きお部屋の鍵をもらいました。お部屋はGround FLoor(日本でいう1階)。クイーンサイズのベッドが2つおいてあり、一番奥にトレイとシャワールームがあるお部屋です。アメニティもBubuのものが置いてありました。

Bubuは3階建てくらいのVillaタイプのリゾートです。日本でいう2階3階へあがるのは、階段になります。
私たちのお部屋がGround floorにあるのは、子連れにはとても便利でした。忘れ物を何回も取りに行ったり、子供だけ部屋に行かせたりするのも目に入る範囲でしたので。

Bubu Resort Package plan その6: お部屋がGround Floor

16:00 海辺でリラックス+Cocktail タイム

この日は天気がよくなく曇り空でしたが、ビーチでのんびりするには日焼けもせず良かったです。風が吹くと少し肌寒いと感じるくらいです。

リゾートに来たので早々と水着に着替えて海辺へ乗り出します。といってもお部屋から50Mで海辺です。

のんびりしようと海辺にあるリクライニングチェアで寝てました。するとレストランスタッフが飲み物を聞きにきてくれました。Cocktail タイムスタートです。16-18時内で1杯お酒を選ぶことができます。私はお酒を飲めない派なので、ソフトドリンクから注文。モックテイルもお願いすると作ってくれました。

モックテイルを飲みながらのんびり~至福。

子供は遠浅の海を行ったり来たり。砂場遊びをしたりして楽しんでました。

Bubu Resort Package plan その7: Cocktail タイムでのアルコール1杯

ここで気づいたのですが、Bubuの客層は欧米系の方たちばかり。夏のバケーションに来ているようです。なので、皆さんビキニ、短パン、裸足!

マレーシア在住が長いと、ムスリムに考慮してなるべく肌を出さない水着スタイルが定着していたので、ここではビキニだけ!なんだか新鮮でした。(KL市内のウォーターパークなどはラッシュガードを必ず着用しています)

19:00 ディナータイム

一通り遊んだらディナータイムです。これも込み込みなので、何も持たずにレストランへ。ディナーは前菜+メイン+デザート+飲み物から選べます。子供も同様。

私は前菜をBouillabaisse (シーフードスープ)+メインをGrilled King Prawn (エビのグリル) 夫Pちゃんがランチで食べていたものをチョイス。

夫Pちゃんは前菜にGaint Clams(貝の酒蒸し)。メインは後ほどと言って頼んでおりません。

息子U太郎は前菜は頼まず、メインのハンバーガーをオーダー。ハンバーガーとフライドポテト付きです。

結果的には夫のメインは頼まなくて良かったです。というのも一つ一つ料理がボリューム満点。欧米人の基準なのかな?息子ハンバーガーも夫が残りの食べて丁度いいくらい。

込み込みプランですが、少な目でオーダーするのが良さそう。

22:00 就寝

朝からの移動の疲れ+お腹がはちきれそうになりながら就寝。

一日目を終えました。

次回は2日目3日目+レストランの情報を載せて参ります。

ABOUT ME
ushi
マレーシア移住9年目、東京出身の30代。夫はインドのムンバイ出身。マレーシアで語学留学、マレーシアで就職&転職、マレーシアで妊娠出産、そして子育てをしている働くママです。
ランキングに参加してます。クリックしてもらえると嬉しいです。